プレゼンテーション4.jpg

​ESD Platform WILL

持続可能な社会に向けた

「出会い」や「つながり」のための

プラットフォーム創成事業です

Work, Inclusion, ​Life & Love...

​ESDプラットフォームWILLとは

WILLは、多くの人や団体とともに、「持続可能な開発のための教育(ESD; Education for Sustainable Development)」を推進していくユース主体の組織です。あらゆる人が関わりながら「持続可能な開発(SD)」を実現できる社会を創っていくための多層多元的な〈出会い〉や〈つながり〉のあり方・方法を、メンバー自ら動きながら考え、社会に提案していきます。

東日本大震災被災地支援

​大船渡ESDプロジェクト

3.11後、「ぼらばん」から派生した被災地支援プロジェクトです。岩手県大船渡市赤崎町とのご縁を紡ぎながら、復興市の開催やユース支援などの活動を行っています。

​国立ハンセン病療養所邑久光明園

持続可能な島づくりプロジェクト

WILLの前身でもある「ESDボランティアぼらばん」は、2007年から、岡山県にあるハンセン病療養所邑久光明園でボランティア・ワークキャンプを行ってきました。様々な「いのち」と向き合いながら、「隔離・差別の島から出会いと交流の島へ」を理念に活動しています。

​WILLとESD推進ネットひょうご神戸が連携して運営しているポータルサイトです。ESD/SDに関わる多様なフィールドでの活動にボランティアとして参加し、異なる領域を往来することで多角的に学びを深めます。

WILLメンバーは、柱となるプロジェクトに軸足をおきつつ、多様な領域に出かけ、​ESDを実践的に学んでいこうとしています。

KOBE univ.ロゴ.jpg

WILLが事務局をおく本センターは、8つの基幹部門(社会教育・サービスラーニング支援/インクルーシヴ社会支援/自然共生地域支援/ジェンダー・コミュニティ援など)から構成され、多層多元的なコミュニティの成に向けた実践・研究を進めています。

イメージ図.jpg
UNUロゴ.jpg

国連大学認定のESD推進地域拠点のひとつです。神戸大学に事務局をおき、WILLと連携してツアープログラムや実践研究集会の運営を行っています

WILL全体のプロジェクトデザインやプログラム推進の実務を担っているのが、事務局・運営委員・評議委員からなる運営チームです。メンバーが活動しやすいプラットフォームづくりをめざします!

What's  W.I.L.L.  ? 

WILLでは、その頭文字ともなっている4つの言葉を大切にしています。

Work

スクリーンショット 2019-11-20 23.16.19.png

WILLは、WORK(ボランティアワーク、ワークショップ、ワークキャンプ)に注目します。

Volunteer Work

社会問題の数だけボランティアがあるといわれています。私たちは、ボランティアを通して各専門性の境界を越えながら、多様な問題に触れることができます。どんなボランティアでどんな社会問題に気づかされるのでしょうか?

Workshops

参加者同士がゆるやかにつながり、相互の主体性を生む手法は多種多様です。

時・場・人・目的・環境にそくした技法の開発とその意味・効果を考えていきます。

Voluntary Workcamps

人との出会いが苦手な人、集団の中に自分を置くのにためらっている人、そんな人たちが小さな自信を抱き、同時に、当たり前と思ってきたことを改めて見つめ直す「場」として、ワークキャンプに注目します。

ワークキャンプは、私たちに身体性の大切さを教えてくれるのではないでしょうか。

​Inclusion 

P1140955.jpg

考え・行動する主体は、WILLメンバーだけではありません。WILLでは、すでに協力団体で活動している人たち、そこに集まるたくさんのボランティアとともに、ESDを考えていきます。そして、WILLでは「みんなが主役」。障がいのある人、国籍の違う人、年齢の違う人など、メンバーはそれぞれ異なる個性を持っています。WILLは、メンバーの個性によって柔軟に変容していく集団づくりを意識しています。

​Life & Love

S__21053472.jpg

WILLでは、「ライフスタイルの変容」や「いのちの持続性」を大切にします。ワークを通じて多様な価値観に触れることで自分のライフスタイルを見つめ直すことができます。​あらゆるいのちを大切にできる持続可能な社会をめざし、つながりを築ける場を創っていきます。

​持続可能な社会をつくっていくには…?

​▶︎

社会的に分断されている人々や、没コミュニケーションを特徴とする人々がともに未来を見つめた社会づくりの担い手になるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

▶︎

特定の領域で専門性を究めようとしている人たちが、互いを尊重し、力を合わせるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

▶︎

利害が対立している人たちが、互いの立場や歴史を理解しつつ、未来に向けて問題を解決するような一歩、出会いが生まれるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

▶︎

あらゆる人々の活動の中で、社会構造の変化、ライフスタイルの変化を生んでいくには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

WILLでは、こうした問いについて考え、複数の実践仮説をつくりながら、「持続可能な社会」の創成に向けた〈出会い〉や〈つながり〉の場づくりに取り組んでいます。

ESDとWILL・SDGsとWILLの関係

▶︎ ESDとWILL

ESDのEは、一般には、Educationの頭文字ですが、EmpowermentのE、EnhancementのE、あるいは、EncounterのEともいえます。WILLは、狭い意味の教育ではなく、今、まさにここで力を発揮する環境や仕組み、また、偶発的な学びを生み出す出会い方に注目します。広い意味での教育を考え、生み出そうとするプロジェクトです。

▶︎ SDGsとWILL

ESDはE for SD(Education for Sustainable Development)のことですが、EとSDの関係は、常に考え続けなければいけません。SDの活動の中にEがあり、Eを通してSDが生まれる、ということもあるのではないでしょうか。EとSDの相互的かつ一体的な関係を問いながら、SDGs(持続可能な開発目標)とESDの関係を問うていくことも、WILLの目的です。与えられた目標をただ受け入れるのではなく、それが私たちの目標として適切であるかどうかも考え続けていきます。

ESDの基本的な考え方.png
SDGsロゴ.jpg
 
 

2022年度の
主なWILL主催の活動

これ以外にも、テーマ別プログラム(大船渡ESDプロジェクト、農村レジリエントプロジェクトなど)がたくさんあります!

2022年間予定.png
WILLフェスチラシ.jpg

​WILLフェス2022

​2022.4/22〜5/21

WILLの魅力がふんだんに詰まった1ヶ月! ふれる、きく、であう、うごく、たべるを通して WILLやSDGsに再接近していきます!

S__48578598.jpg

WILLのつどい​

​2022.6/18, 7/9, 9/23, 10/29

​アクティビティのなかで他者と出会い、想いや考えを共有します。

スクリーンショット 2019-11-20 23.16.19.png

​夏のワークキャンプ

​2022.8/18〜24

国立ハンセン病療養所邑久光明園で行う1週間のワークキャンプ。非日常の時空素の自分に出会い、自分と他者、社会の関係を見つめます。

S__48578592.jpg

研究活動サポート

​2022.11/26, 27

​日本福祉教育・ボランティア学習学会第28回こうべ大会の運営支援ボランティアです。

S__48226309.jpg

​冬のプログラム

​2023.1/14〜16

​光明園でボランティア活動やワークショップを体験する2泊3日のプログラムです。

創成.png

​春創成合宿

​2023.3/4〜6

今年度のふりかえりと次年度の事業計画つくります。

​毎月の活動

月に1回、WILLメンバー、ユーザーであればどなたでも参加できるミーティングやラジオ形式の配信を行っています。

​WILL定例ミーティング

​毎月第三水曜日​19:30〜

​原則、Zoom開催

​月ごとの活動報告や事務局からの連絡事項、プロジェクトの審議事項などについて共有・協議するミーティングです。

​WILL研究会

毎月第二水曜19:30〜

​原則、Zoom開催

​ESDやSDGsに関わるトピックについて、参加者でざっくばらんに意見交換します。ふだんの活動/生活を、ちょっと立ち止まって考える場です。

​WILL 22 ラジオ

​毎月22日19:00〜

Youtube(限定公開)

​アーカイブあり(1ヶ月)

​パーソナリティ、ゲストはWILLメンバー!活動中はなかなか聞けないメンバーの話をラジオ感覚で聞くことができます。

​ユーザー/メンバー/寄付・協力

 

WILLでは、社会問題に興味がある人、ボランティアに関心のある人、人と何かを共同して行うことが好きな人、人付き合いが苦手な人、自分を人前で出すことが好きではない人など、様々な人がそれぞれの持ち味を活かして活動します。​それぞれ異なる個性を持つ、多種多様な人同士が出会うおもしろさを​ともに体感しませんか?

関わり方には3つのパターンがあります。

ユーザー.png

​ユーザー登録する

登録(無料)するだけで情報の受け取りや活動参加ができます。

メンバー.png

​メンバーになる

WILLをもっと深く知り、支える人たちと一緒に実践をつくっていきます。

寄付.png

​寄付・協力する

​自分は活動できないけれど、WILLを支えたいと思ってくださる方は、ぜひ寄付などを通じてご支援ください。

季刊​WILL

WILLでは、年に2報『季刊WILL』を発行しています。

季刊WILL編集委員が中心となり、個性豊かなメンバーが活動報告やコラムなどをつづっていきます。

全ページ・バックナンバーはコチラからご覧いただけます。(会員限定)

 

​2022 特別号

あいさつ・総会報告/特集:WILLメンバーからの夏のおすすめ活動・ESDスタディーツアープログラム紹介

季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg
季刊WILL特別号表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2021 夏号

あいさつ・総会報告/特集:青空のつどい・農村ネジリエントプロジェクト/WILL NEWS/新メンバー紹介/事務局だより

ロゴ_edited.jpg
季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2021 春号

あいさつ・総会報告/特集:青空のつどい・農村ネジリエントプロジェクト/WILL NEWS/新メンバー紹介/事務局だより

季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg
季刊WILL_2021夏号_表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

2021 秋号

あいさつ/クラウドファンディング達成のお礼とご報告/特集:夏ワークキャンプ(活動報告・鼎談・参加者感想)・ボラ論共同企画・WILLコラム・青空のつどい・ESD実践研究集会・RCE NEWS・東海大学コラボ企画/新メンバー紹介/事務局だより

季刊WILL表紙.jpg
季刊WILL表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2020 春号

あいさつ/くまとーちプロジェクト/大船渡3月企画/アクション事始めプロジェクト/RCE関連/春創成プログラム/事務局だより

季刊WILL2020春号 表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

​2020 秋号

あいさつ・総会報告/特集:九州南部豪雨災害被災地支援くまとーちプロジェクト/活動報告〈シミュレーションプログラム〉〈第5回ESD実践研究集会・ユース企画〉/新メンバー紹介//事務局だより

季刊WILL2020秋号表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

2020 夏号

あいさつ・春創成合宿レポート/特集:2大オンライン企画〈ZOOMフォト撮影会・オンラインカンファレンス〉/活動報告〈国内RCEユース会議・3月大船渡安全訪問隊/WILLsコラム/新メンバー紹介/夏以降の活動紹介/事務局だより

季刊WILL夏号2020表紙.jpg

←画像をクリックすると

 大きく表示されます

Gallery

3才からの環境学習
press to zoom
ESD実践研究集会
press to zoom
赤崎慰霊のつどい
press to zoom
赤崎復興市
press to zoom
ぼらばん_190702_0020
press to zoom
ゆるキャラグランプリ
press to zoom
王子スポーツ
press to zoom
ESDカフェ
press to zoom
S-pace
press to zoom
1/1
 

Contact

 

ESDプラットフォームWILL事務局

esd.platform.will@gmail.com

〒657-0011

兵庫県神戸市灘区鶴甲3-11

神戸大学大学院人間発達環境学研究科

ヒューマン・コミュニティ創成研究センター

Tel.078-803-7970

​Fax.078-803-7971

Thanks for submitting!